いつまでも返済がおわらない… よくあるご相談

お客様からのご相談

男性アイコン

きちんと遅れずに返済しているのに、なかなか残高が減らない。何かいい知恵はありませんか。

 

カウンセリングデスクからの回答

女性アイコン

カウンセリングデスクにご相談をいただき、誠にありがとうございます。“返済しているのにほとんど借入残高が減らない。”ということですね。まず確認させていただきたいのですが、お客様の支出は、月々の収入の範囲に収まっていますでしょうか。もし、収入の範囲を越えた分を借入れで賄っているのなら、やはり借入残高は減っていきません。では、お客様の収支状況を確認してみましょう。

 

POINT 1

当デスクでは、家計管理のお役に立たせていただくため、ファイナンシャルプランナーの資格をもつカウンセラーがお客様からのお電話をお待ちしており、お客様に合ったアドバイスをさせていただきます。まずは詳しい収支状況を確認させて下さい。

 

手取月収 25万円(年収500万円)
家賃 7万円 / 光熱費 2万円 / 携帯電話代 1万円 / 車のローン 2万円 / 車の保険代 0.5万円 / ガソリン代 1万円 / 生命保険料 1万円 / ローンの返済 7万円(借入れ3社250万円) / 交際費 不明 / 食費・雑費 不明

収支の状況から判断すると、手取月収から、食費・雑費・交際費を除く固定の支出と返済を引くと、お手元に残るお金は3万5千円という計算になります。食費・雑費・交際費を月3万5千円以内で収めていれば、借入れは減っていくでしょう。仮に、実際の食費・雑費・交際費が3万5千円を超えており、不足分を新たな借入れで賄っているのであれば、借入残高は減りません。
もし、“食費・雑費・交際費にいくらかかっているかわからない”という状況なら、いい機会ですので「月々いくらあれば足りるのか」を、一緒に考えましょう。重要なのは「食費・雑費は月々●円、交際費は●円」と“目標を決めること”です。仮に食費・雑費・交際費を8万円で収めるという目標設定なら、目標8万円 − 現状3万5千円 = △4万5千円が不足します。この△4万5千円をどうやって埋めて行くのか、方法は色々あると思います。月収を増やすのか、固定の支出を見直すのか、きちんと家計を見直せば、着実に借入残高は減ることでしょう。

 

カウンセリングデスクから

まずは収支状況を把握し、固定費以外の予算を決めましょう。当デスクでは、ご返済計画作成のお手伝いをさせていただきます。