マネーコラム

【カードローン審査】期間は?電話がくる?カードローンの審査、基準や流れ

Vol.13
【カードローン審査】
期間は?電話がくる? カードローンの審査、基準や流れ

急な入院や冠婚葬祭などで予定外の出費があったときに、なにかと重宝されるカードローン。
普段は利用しなくても、万が一のときのために持っておきたいと考える方は多いでしょう。
しかし、今までカードローンを持っていなかった方は、いざ申し込みをしようと思っても「審査に通るだろうか」「何を審査するのだろうか」と不安に感じてしまうかもしれません。
審査基準やお申し込みの流れを事前に知って、万全の準備をすれば不安も解消されるでしょう。
そのような方のために、今回はカードローンの審査の基準や審査の流れについて説明します。

審査が通らない理由は?カードローンの審査基準

カードローンを利用するには審査を通過しなければなりません。お金が必要なときに慌てないように、まずは、審査の目的について理解する必要があります。

  • カードローン・お借り入れの審査の目的は?金融機関による返済能力の確認

    【カードローン・お借り入れの審査について】

    金融機関は、ローンの審査基準を公表せずに独自の審査を行っています。しかも、審査の難易度は金融機関によって異なるので、初めてローンを申し込みをする方が不安に思うのは当然といえるでしょう。

    そこで、まず知っておきたいのが審査の目的です。それを知っていれば対処がしやすくなります。審査の目的は主に「融資したお金を返すことができるのか」「総量規制に該当しないか」の二つです。

    1.融資したお金を返すことができるのか

    金融機関の収入は、融資したお金の利息です。もしも融資したお金を返済してもらえないことになると、大きな損失となってしまいます。つまり、返済能力のある信用ができる方にお金を貸さないと貸し倒れとなってしまう可能性が高まるため、厳しい審査が必要になるのです。
    金融機関は年収や勤務先、既婚か独身かなど、さまざまな情報をもとに審査し、返済能力の有無を判断しています。審査の基準は金融機関ごとに異なり、企業秘密でもあるため公表をしていません。

    2.総量規制に該当しないか

    日本では過度なお借り入れから消費者を守るため、年収の3分の1を超える貸付が原則禁止されています。これを総量規制と呼びます。銀行や信用金庫などのカードローンは対象とはなりませんが、クレジットカード会社や消費者金融が提供するカードローンは総量規制の対象です。クレジットカード会社や消費者金融などの貸金業者は、総量規制に該当しないかをチェックすることが義務付けられているため、無審査で融資するわけにはいかないのです。

  • 銀行よりも貸金業者の方が通りやすい?審査基準は非公開です

    審査がないカードローンは存在しません。しかし、消費者金融の方が、審査が通りやすいと聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。金融機関によって審査基準が異なるため、審査の難易度が違うのは当然です。

    1.審査の難易度について

    金融機関ではそれぞれ独自の審査基準を設けています。審査の内容ですが、各カードローン会社は自社の審査基準を公表していないので、難易度は実際にはわかりません。しかし、各社の商品内容や一般的にいわれていることから、ある程度予想することは可能です。

    2.消費者(お借り入れする方)が感じる審査の難易度について

    審査の厳しさの目安として、一般的に「カードローンの利用限度額が大きいほど審査は厳しく、金利が低いほど審査が厳しくなる」と考えてよいでしょう。限度額や金利は金融機関により異なりますが、カードローンの限度額が大きいほど、金融機関は返済がされないと損失が大きくなるため、審査基準が厳しくなるのは当然かと思われます。
    一方、金利が低く借りやすい商品もまた、審査基準が厳しくなっていると考えられます。

    そのため、金利の低い銀行のほうが消費者金融よりも審査が厳しいと推測されます。銀行は取引先(預金者)からお金を借りて、その資金を融資しています。預金者から預かったお金は、預金者に利子を付けて返す必要があるため、銀行は低金利でも安全性を重視する傾向です。

    また、クレジットカード会社や消費者金融などの貸金業者では総量規制があり、銀行も自主規制を設けている場合が多いため、最低借入限度額の3倍以上の年収が必要になることもあります。消費者金融では、1万円からお借り入れ可能なカードローンもありますが、銀行は10万円程度からが多く、お借り入れ金額の違いが審査に出ている可能性があります。

    3.カードローン審査の、消費者金融と銀行の共通点について

    会社により審査の基準は異なりますが、共通するものもあります。それが申し込み条件の「契約時の年齢が満20歳以上」で「安定した収入がある方」という2点です。銀行もカードローンの申し込み条件に「安定した収入がある方」と年収の最低条件を設けないことが多くなっていますが、銀行は最低年収の基準が高い可能性があります。

どのくらい時間がかかる?
カードローンにお申し込み・流れ・審査時間

審査にどのくらい時間がかかるのか気になる方もいるでしょう。カードローンの審査のスピード、お申し込みの流れや手続きの方法、手続きの流れについて見ていきます。

  • お申し込み前に確認したい、お申し込みができる方の要件

    カードローンの審査を受けるには、それぞれの金融機関の貸付条件(申し込み条件)をクリアしなければなりません。

    1.貸付条件(申し込み条件)とは何か?

    各金融機関のホームページからカードローンの商品詳細を確認することができます。ここにある「ご利用できる方」が審査を受けられる貸付条件(申し込み条件)です。メガバンク3社と代表的な大手消費者金融の貸付条件(申し込み条件)を見てみましょう。

    銀行系カードローンの貸付条件(申し込み条件)例

    • 【三菱UFJ銀行:商品名:バンクイック】
      • 年齢が、満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人の方
      • 原則として安定した収入がある方
      • 保証会社(アコム株式会社)の保証が受けられる方
      • 使い道が事業性資金以外の方
    • 【みずほ銀行カードローン】
      • 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
      • 安定かつ継続した収入の見込める方
      • 保証会社の保証を受けられる方
      • 使い道が事業性資金以外の方
    • 【三井住友銀行カードローン】
      • お申し込み時満20歳以上満69歳以下の方
      • 原則として安定した収入のある方
      • 指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
      • 使い道が事業性資金以外の方

    消費者金融系カードローンの貸付条件(申し込み条件)例

    • 【オリックス・クレジット:商品名:VIPローンカード】
      • 日本国内に居住し、年齢満20歳以上69歳までの方
      • 毎月定期収入のある方
    • 【SMBCモビットカードローン】
      • 年齢満20~69歳の方
      • 安定した定期収入のある方(SMBCモビットカードローンの基準を満たす方)
    • 【アコムカードローン】
      • 20歳以上の方
      • 安定した収入と返済能力のある方(アコムカードローンの基準を満たす方)

    「安定した収入」「継続した収入」という点では各社共通しています。しかし、銀行系ではお申し込み年齢の上限が65歳程度と比較的低く、保証会社の保証が受けられることが条件となっています。

    2.貸付条件(申し込み条件)を満たしていなければ、審査には落ちる

    貸付条件(申し込み条件)を満たすことは原則前提条件であり、貸付条件(申し込み条件)を満たさない方は審査へ進むことができません。安定した収入がある方であれば、アルバイトやパート、派遣社員の方でも審査に通る可能性がありますが、安定収入がない方は、審査に通ることが難しいという一面があります。

    また、過去に返済が遅れたことがある方、長期の延滞や債務整理などの金融事故がある方も審査が難しい傾向です。各金融機関は個人信用情報機関に加入しており、そこにはお申し込みや返済履歴、延滞情報などが一定期間登録されています。信用情報にマイナス面の登録があると当然審査に影響します。

  • 結果はいつくる?カードローン審査の流れとかかる時間(期間)

    次に、審査にかかる時間やお申し込みの流れを見ていきましょう。各金融機関で審査にかかる時間やお申し込み方法が異なるので、お申し込みの際には必ず確認してください。

    1.カードローンの審査時間は、金融機関によって異なる

    カードローンのお申し込みは、WEBから各社簡単に行うことが可能です。消費者金融系カードローンなら、早い場合にはWEBでお申し込み、最短30~60分で審査の回答・即日での借り入れを可能とする会社もありますが、審査の状況により数日かかる場合もあります。カードは審査後、郵送されます。

    一例として、イメージしやすいようにオリックス・クレジットの「VIPカードローン」で審査の流れを見てみましょう。

    【オリックス・クレジット:VIPカードローン】
    1. お客さま
      WEBでお申し込み
      WEBで必要書類のご提出
    2. オリックス・クレジット
      Eメールまたはお電話で審査結果とお申し込み内容のご連絡
    3. オリックス・クレジット
      カードのご郵送
    4. お客さま
      WEBでご契約内容の確認と同意
    5. お客さま
      ご利用開始

    銀行系でも審査の流れは同様ですが、上記と異なり「仮申し込み(事前審査)」を必要とすることがあるため注意が必要です。仮申し込みを必要とする分だけ、契約までに時間(期間)がかかることになります。また、銀行は警察庁データベースへの情報照会を行うため、即日での借り入れは不可能となっています。

    実際のいくつかのカードローンの審査時間や利用開始までの期間を見てみましょう。

    銀行系カードローンの審査時間例
    • 【三菱UFJ銀行:商品名:バンクイック】

      審査結果の通知:最短翌営業日以降

    • 【みずほ銀行カードローン】

      審査結果の通知:仮申し込みの回答は時間帯により翌営業日以降になる場合あり

    • 【三井住友銀行カードローン】

      審査結果の通知:最短翌営業日以降

    消費者金融系カードローンの審査時間例
    • 【オリックス・クレジット:商品名:VIPローンカード】

      審査結果の通知:最短60分 最短即日でお借り入れも可能

    • 【SMBCモビットカードローン】

      審査結果の通知:最短30分 最短即日でお借り入れも可能

    • 【アコムカードローン】

      審査結果の通知:最短30分 最短即日でお借り入れも可能

    銀行のカードローンでは、翌営業日とするところが多く、原則即日での借り入れに対応していません。消費者金融系では、審査結果は最短30~60分、即日での借り入れに対応をしているのが特徴的です。スピーディーな対応を求めるなら、消費者金融系のカードローンを申し込むのがよいでしょう。

    現代では、WEBからカードローンの申し込みをすることも多く、必要書類もWEBで提出するのが一般的です。電話やFAXによる申し込みもできますが、WEB申し込みは審査が始まるのが早く金融機関の窓口に行く必要もありません。

    2.カードローンの審査に必要な時間は、申し込み者によってバラバラ

    上記で説明した審査に必要な時間は最短であり、実際には申し込み者によってバラバラです。お申し込み内容に誤りがあると審査をやり直すことになりかねません。また、必要書類に不足があると書類を提出し直すことになってしまいます。記載内容や提出書類に不備があると、その分だけ審査に時間がかかってしまうため、必ず事前にチェックしておきましょう。

    審査では、基本的な個人情報や勤務先情報、年収などが確認されます。本人確認書類や場合によってはご年収を確認できる書類も必要となり、本人の状況次第で「審査が通りやすい方」や「審査に時間がかかる方」が出てきます。貸付条件(申し込み条件)に適合していることはもちろん、審査に通るためのポイントを事前に押さえておきましょう。

    「審査が通りやすい方」は返済能力が高い、「審査に時間がかかる方・通りにくい方」は返済能力が低いと判断されている可能性があります。それぞれの特徴をしっかりと押さえて、審査が通りやすくなるように準備することが大切です。

    • 【審査が通りやすい方】
      • 金融事故の記録がない
      • 他社のお借り入れ件数が少ない
      • 利用限度額を低めに設定する
      • 収入が多い
      • 勤務先がしっかりしている
    • 【審査に時間がかかる方・審査に通りにくい方】
      • 過去に金融事故の記録がある
      • 他社のお借り入れ件数が多い
      • お申し込み内容に間違いがある
      • 安定した収入が少ない
      • 必要書類に間違いがある

    また、申し込み内容に虚偽があれば審査に通りません。仮にばれることなくお借り入れできたとしても、後から発覚すれば一括での返済を求められ、カードローンの利用ができなくなります。場合によっては、罪に問われることになるのでやめましょう。申し込み時には、記載内容に誤りがないかを確認し、必要書類もしっかりと準備して余裕をもって手続きをしましょう。

まとめ

カードローンの審査の目的は、「借りたお金を返済できるか?」「総量規制に該当しないかどうか?(お借り入れ状況の確認)」にあります。金融機関は、年収や勤務先などさまざまな情報をもとに審査し、返済能力の有無を判断しているのです。ただし、審査の内容は金融機関から公表されていません。審査は、各金融機関で独自に行うため、金融機関によって審査の難易度に差があるのです。一般的に、カードローンの利用限度額は大きいほど審査は厳しくなり、金利は低いほど審査が厳しくなると考えてよいでしょう。

カードローンの審査にかかる時間は、申し込みをする金融機関によって異なります。早い場合は、カードローンをWEBでお申し込み、審査まで最短30~60分程度です。銀行などでは即日融資に対応しておらず、数日かかることもあるでしょう。また、審査が通った後も、カードが郵送されるのに1~2週間かかることもあります。

カードローン審査では、審査を受ける前に貸付条件(申し込み条件)を満たしていることが前提です。それ以外にも、返済能力を判断するポイントをしっかりと押さえることが大切になります。お申し込みの前に確認しておくことをおすすめします。

加治 直樹

加治 直樹(かじ・なおき)

保有資格
1級FP技能士
社会保険労務士
主なキャリア
銀行に20年以上勤務し、融資および営業の責任者として不動産融資から住宅ローンの審査、資産運用や年金相談まで幅広く相談業務の経験あり。在籍中に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および特定社会保険労務士を取得し、退職後、かじ社会保険労務士事務所として独立。現在は労働基準監督署で企業の労務相談や個人の労働相談を受けつつ、セミナー講師など幅広く活動中。中小企業の決算書の財務内容のアドバイス、資金調達における銀行対応までできるコンサルタントを目指す。法人個人を問わず対応可能で、会社と従業員双方にとって良い職場をつくり、ともに成長したいと考える。